ホイールコーティング2

カーコーティング

ホイールコーティング2

施工価格

施工方法

①クリーニング ホイールをホイールクリーナーで 洗浄し、水でよく洗い流す。
②水滴をなくす エアーガンで水滴を飛ばし、 拭き取る。
③半分ケミカルを出す 切り口をナナメにカットし、マイクロ スポンジに約半分量出す。
④半分塗る ホイール半分に隙間に入り込まない よう、塗り広げる。
⑤半分拭き取る 乾く前にダイヤクロスで拭き取る。
⑥残り半分にも塗る ホイールの残り半分に      ③~⑤の作業を行う。
⑦仕上げ拭き ホイール全体をキレイなダイヤ クロスで仕上げ拭き。
⑧全てのホイールに ①~⑦の作業を行う 1時間は、水にかけない

Wホイールコーティング2
ホイールコーティング2を施工後、1時間硬化して再施工します。
その後、1時間硬化時間が必要。
注意
マット塗装には施工できません。
(強いツヤが出るので、マット塗装の本来の特徴が損なわれます)
施工後、1時間は硬化時間を設けるので、その間は水がかからないようにする。

メリット

ツヤ・光沢が出て足元から外観が引き締まる

ホイールコーティングすると汚れがついても洗車がラクになる

ボディコーティング同様、
ホイールの表面に薄い被膜を形成し、砂などによる細かな汚れの原因になる
ブレーキダストや油汚れをつきにくくして、ホイールを守ってくれます

 


 

施工前確認

・ホイールの汚れを確認
「ブレーキダストB.D.C」でブレーキから出てくる汚れを除去した後に、クリーニングを行っていきます。

 

KeePerの「ホイールクリーナー」
(WHEEL CLEANER)

ホイールに付着した頑固な汚れを浮かび上がらせて洗浄していきます。
ホイールクリーナーは
「アルミホイール」「エンジンルームの洗浄」「シャーシ下回りの油汚れ洗浄」も可能です。
成分】非イオン系界面活性剤、有機ビルダー、防腐剤が入っています。
液性は弱アルカリ性となっています。
洗浄している写真になります。
洗浄後の写真になります。

スッキリしたクリアな状態となります。
この状態でホイールコーティング2の施工できる状態となります。

 

ホイールコーティング2
用途:アルミホイールの保護及び防汚性
成分:反応性シリコンレジン化合物、ハイドロカーボン、その他
内容量:2ml
「ホイールコーティング2」を施工していきます。
最初の写真と比べるとよく分かりますが、ホイールの印象が
グッと印象が変わります。
洗車の時にも、汚れがついてもラクを感じるかと思います。
カーコーティング
スポンサーリンク
”カーコーティング”と”環境に優しい洗車ケミカル取扱店”

コメント

タイトルとURLをコピーしました