ホイールクリーニング

カーコーティング

ホイールの汚れ

この記事を読むと

・ホイールが汚れる原因
・ホイール汚れ 落とす方法
・落とした後には「ホイールコーティング」

こんな方はおすすめです。

・洗車の時、ホイールを洗う時間がかかっている方
・ホイールのコーティングについて知りたい方
・洗車の時に、効率よく作業していきたい方
こんな時がありませんか?

・ホイール洗浄、時間がかかるから洗うのを諦めている
・ホイールの洗車の方法がわからない

ホイール汚れの原因

・路面走行時に泥などが付着
・ブレーキダスト
・油汚れ
特にブレーキダスト

ブレーキは、減速するためにの装置で制動装置とも呼ばれます。
自動車には色々なブレーキがありますが、
自動車用のブレーキは主に『ディスクブレーキ』と『ドラムブレーキ』の2種類に分けられます。

この時に、ブレーキを踏んだ時に、ブレーキパッドがディスクローターにあたり金属が削られ
「ブレーキダスト」と呼ばれるのがホイールに付着します。

一言で言えば、「避けては通れない車の宿命」です。
ブレーキを踏めば、必ず「ブレーキダスト」は出てきます。
ブレーキを踏む=ブレーキパッドが削れ、ブレーキダストが出る
車とは切っても切れない関係です。

欧州車に乗っている方は特に状態が付着が早いです。
金属が擦れて鉄粉がホイールに付着し、「付着」→「固着」へと変わり落ちにくくなって
結果、時間がかかり嫌になります。
嫌になってきたら、悩んで購入して試して思うようにいかなければ
更に嫌になってと悪循環が繰り返されます。

そうやって、足元のホイールは黒ずんでいきます

付着・固着の違い

付着・・物が他の物にくっつくこと。軽くくっついた状態。
固着・・同じ場所にとどまり、そのまま定着すること。しっかりくっついた状態。

ホイールの汚れ 落とす方法

ホイールにのっている汚れは、種類が違うので「カーシャンプー」だけでは落ちない場合があります。
ホイールには「ホイール専用の溶剤」があります。

KeePerでは

「ブレーキダストクリーナーB.D.C.」を推奨しています。
ホイールのブレーキダスト、油汚れを強力に洗浄します。

ホイールコーティング施工している車にも対応しています。

商品名ブレーキダストクリーナー B.D.C
特徴●化学的な力で、ホイールのブレーキダストを溶かして落とします。頑固な油汚れも強力に洗浄します。
●ホイール周辺の部品に対しても変色させる恐れがない安心タイプ。
用途ブレーキダストクリーナー
容量10L
形式ボトルタイプ
成分チオグリコール酸ナトリウム、界面活性剤、その他
液性中性
注意事項取扱いはマニュアルに従って使用してください

<使用方法>
軽度の場合

B.D.C.「ブレーキダストクリーナー」をかけて
2-3分放置する。
その後、高圧洗浄で流す

ひどい場合

B.D.C.「ブレーキダストクリーナー」をかけて
2-3分放置する。
その後、「ホイールスポンジ」で擦り落としてから、流す

※KeePerには「アイアンイーター」と言って
鉄粉を強力に落とす溶剤がありますが、
キャリパー(亜鉛メッキ)が変色するので使用しないで下さい。
「アイアンイーター」使用不可。

「ブレーキダストクリーナーB.D.C.

落とした後には「ホイールコーティング」がオススメ

ホイールをキレイにしたら、
KeePerでは「ホイールコーティング」を推奨しています。

全国の「KeePerPROSHOP」で施工できます。

ホイールをコーティングしてガラス被膜を作ることで
次、汚れがその上に付着して
「洗車時間」が「短縮」できます。
ホイールを守ることができます。

ホイールコーティング2

施工価格

施工方法

①クリーニング ホイールをホイールクリーナーで 洗浄し、水でよく洗い流す。
②水滴をなくす エアーガンで水滴を飛ばし、 拭き取る。
③半分ケミカルを出す 切り口をナナメにカットし、マイクロ スポンジに約半分量出す。
④半分塗る ホイール半分に隙間に入り込まない よう、塗り広げる。
⑤半分拭き取る 乾く前にダイヤクロスで拭き取る。
⑥残り半分にも塗る ホイールの残り半分に      ③~⑤の作業を行う。
⑦仕上げ拭き ホイール全体をキレイなダイヤ クロスで仕上げ拭き。
⑧全てのホイールに ①~⑦の作業を行う 1時間は、水にかけない

Wホイールコーティング2
ホイールコーティング2を施工後、1時間硬化して再施工します。
その後、1時間硬化時間が必要。
注意
マット塗装には施工できません。
(強いツヤが出るので、マット塗装の本来の特徴が損なわれます)
施工後、1時間は硬化時間を設けるので、その間は水がかからないようにする。

メリット

ツヤ・光沢が出て足元から外観が引き締まる

ホイールコーティングすると汚れがついても洗車がラクになる

ボディコーティング同様、
ホイールの表面に薄い被膜を形成し、砂などによる細かな汚れの原因になる
ブレーキダストや油汚れをつきにくくして、ホイールを守ってくれます

カーコーティング
スポンサーリンク
”カーコーティング”と”環境に優しい洗車ケミカル取扱店”

コメント

タイトルとURLをコピーしました